PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガンナーの心得その4~クリティカル距離編~

さて、ココがガンナーの最難関。
クリティカル距離の保持です。まぁ弓でもここは一緒だと思うので
アーチャーの方は理解しやすい概念ですよね。

と、言うか弓の方がどうも距離に対して厳しいみたいなので
アーチャーの方のがしっかりしてるかもしれない。

クリティカル距離って何?っていう人もいると思います。
Xlink kaiなんかでガンナーやアーチャーの方を見てると
結構無視してる人が多いこのクリティカル距離。
お前ら楽しようと思ってガン(弓)握ってるだろ!!といいたくなります。
(僕も弓はしょぼいので弓に対しては言えない・・けど言いたい・・)

クリティカル距離とはガンの弾(通常弾、貫通弾など)が距離によって
ダメージ倍率が1.5倍、1.0倍、0.8倍、0.5倍に変化することから
1.5倍の最もダメージ効率が高い距離のことです。
弓は何倍とかどうなんでしょうかねー。
ちょっとそこらへんは知りません。

以下詳細です。

さて、クリティカル距離を保持することがガンナーの大前提であることは
1.5倍という火力を考えて頂ければ簡単にわかると思う。
じゃぁクリティカル距離ってどのくらいよ!ってのが難しい。

あるヘヴィガンナーの生涯
という有名なブログがあるのだけれど、ココにクリティカル距離の
時間的な表が詳しく載っているので見てもらえればいいと思う。

通常弾などは着弾時のHITマークが(大まかに言うと)近いと大きく
遠いと小さくなるのはわかると思う。
通常弾は0距離~終点距離までがクリティカル距離なので
大体の終点距離さえ覚えてしまえば正直なんとかなる。

問題は貫通弾。
1.0倍→1.5倍→1.0倍→0.8倍→0.5倍となるので
始点と終点を覚えなければならない。近すぎて3発HITする内の
1発目が1.0倍、残り2発が1.5倍などは僕も良くある(笑)
特に貫通2や通常3、貫通3などはすごくよく使う弾というわけではないので
どうも距離があいまいになってしまい勝ちなんだけれど
そこも押さえることでより有利な戦いを挑めると思う。
(始点は変わらないのでむしろ楽かも?)

さて、始点と終点。終点は基本的には弾のLvが高いほど遠くなる。
通常弾などでは始点は0距離、そこからどこまでクリティカルになるかということだ。
通常2は大体レウスの尻尾よりちょっと先まで
クリティカルエフェクト(わかりづらいんだけどね)を確認できる。
通常3はもう少し遠い感じ。伝えづらい!!
実際の歩数で言うと

■クリティカル距離
Lv1通常弾 0~15歩(約3回避半)  
Lv2通常弾 0~18歩(約4回避強) 
Lv3通常弾 0~21歩(約5回避) 

Lv1貫通弾 9~15.75歩(約4回避)
Lv2貫通弾 9~18歩 (約4回避強)
Lv3貫通弾 9~22.5歩(約5回避半)
(1回避は約4.2歩で計算)くらいになる。
(MHPでのデータですがMHP2でも大体このくらいだと思う)

やっぱり問題は貫通弾。実際に試してみて欲しいのだが
ドスランポスなどに閃光弾を当て、ピヨってる状態でヘヴィボウガンを構え
0距離から9歩歩いてみて欲しい。そこでR照準を使い後ろを向いて貫通1を
撃ってみてもらうのが一番わかりやすい。
(今度弓でやってみようかなと思っている)

意外に思うと思うんだけど(僕は思った)9歩って意外に遠い。
もちろん当てる部位までの距離なので実際には飛竜に近かったり
遠かったりするわけなんだけれど
大体の距離をスコープ画面と通常画面で確認して欲しい。
これを体に覚えこませれば少なくとも始点でのクリティカル距離の保持ができるわけだ。

問題は終点。貫通弾は竜のHITがある部位に当たったときにHITするわけだから
当然1発目と2発目の間がある。
もちろん空に撃ってしまったり、本当に貫通してしまっては
1HITしかしないのでとてももったいない(1HITなら通常2のが攻撃力は上)

てことは貫通1の9~18歩の間で弾を撃った時に1HIT目は当然クリティカルだけど
15、6歩くらいから撃ってしまっては2HIT目、3HIT目あたりでは
クリティカルにならないことがある。
なので大体始点は9~12歩くらいの間にするのが理想的だと僕は思う。


色々書いてみたけれどこのクリティカル距離を意識することで
ガンナー生活にとても張りが出ると同時に
この距離を維持しながらゴロゴロ転がることができれば
(ヘヴィならね)
たいていの相手は時間内で討伐することができる。
もし時間切れになってしまうのであればそれは
・弱点部位の狙撃ができていない
・クリティカル距離の保持ができていない
・そもそもガンの火力が足りない
のどれかではないだろうか。
(少なくとも僕は大抵の飛竜を時間内に攻略できています。)
もちろん相手の攻撃力が高ければ神経張り詰めっぱなしなわけなんだけど
ガンナーの紙装備で挑むのもそれもまた一興ということで(笑)
次回は飛竜の弱点部位狙撃について簡単に書こうと思う。


そんな感じ。


indexへ


Click me!
スポンサーサイト

| ガンナー養成所 | 01:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんわっ

自分はハンマ使いなんですけど、
とてもためになる解説でしたっ

あとほんとう、見てるとクリティカルを意識してない方が
多いですよね、、そこらへん剣士の方はよく頑張ってると思います(笑)

それではです、、

| 紗羅紗 | 2007/04/02 02:10 | URL | ≫ EDIT

こんにちは、コメントありがとうございます。

ハンマー使いですかー。逆にハンマーのご指導をお願いしたいくらいです。
ためになるとの感想うれしいです。

遠距離は間合いが命なので意識してほしいところですね。
逆に剣士は弱点部位をきちんと狙ったり
属性がいいのか攻撃力がいいのかなどの知識が不足している
人が多い気がしますね

実際PTで行ったら同じくらいのdmg与えられるんだけどねぇw
ガンナーはサポート用みたいな見られ方は悲しいです。

ではまた見に来てください

| J.J | 2007/04/02 15:32 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gamelab.blog94.fc2.com/tb.php/87-50d5603f

TRACKBACK

TOPへPREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。