PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

会心率について考えてみた。

最近見切り+3というスキルでやっているので
ちょっと会心に興味が出てきた。
会心というのは竜を切っているときに赤い光がでないだろうか?
切れ味の高い武器や会心率の高い武器、達人のスキルが付いていれば
この会心はよく眼にすることだと思う。

マイナス会心は基本的にそのときの攻撃力が3/4になるらしい。
じゃぁプラス会心は?
やっぱりその逆で25%ダメージがアップするようだ。

まぁココまでは基本。下はえらいグダグダと色々書いているので
興味のある人はどぞww

じゃぁ例えば槍で考えてみよう。攻撃力最強の槍はどれだ!!
ブラックテンペスト 攻撃力552 会心-30% 蒼ゲージあり
ゲイボルガ 攻撃力506 会心0% 蒼ゲージあり

お互い10回ずつ攻撃するとすると総攻撃量は
黒嵐 552x7+552x0.75x3=5106となるわけだ。
ゲイボルガは単純に506x10=5060
10で割ればお互いの単純平均攻撃力が出るわけだから
少なくとも切れ味ゲージが同じ色で同じ部位を攻撃した場合
ブラックテンペストとゲイボルガはほとんど変わらない事になる。

じゃぁ同じ槍で考えてみて
鬼槍ラージャン 攻撃力437 雷210 会心25%
これは437x7.5+437x1.25x2.5=4643.125となるから
ツキサシ 攻撃力460 会心10%と比べてもあまり遜色がない。
むしろ雷属性が通る敵であれば鬼槍ラージャンの方が強力といえる。

ただじゃぁバベル 攻撃力529 会心0%が最強の槍か?
というとそういうわけでもない。
緑ゲージ内では属性攻撃力を除けばそういうことになるが
蒼ゲージがないために蒼ゲージのある槍には敵わない。


まぁいろいろグダグダと書いてみたけれど会心率という要素によって
武器の強い弱いがそれほど差が付きづらくなっているというのは
確かなようだ。

さて、じゃぁブラックテンペストとゲイボルガ
ほとんど変わらないならどっちがいいのか!
射程が長いブラックテンペストがよさそうだが
例えばレウスやディアに閃光を当てて突っつく場合、何発で怯むなどの
計算を上級ハンターならすると思う。
まぁ大体勘なんだけれど(^^;
その時に例えば今なら次の動きが噛み付きだろうがなんだろうが
ここで怯ませられる!などの時にマイナス会心が出てしまったときには
困ったことになる。
もちろん逆のプラス会心でも狙い通りの怯みを狙えなくなる
(その代わり予定外に早く怯ませることができる)
などのマイナス効果?が出ることになる。
効果的に怯みを計算したく、且つ射程が短くても良い敵には
ゲイボルガのがブラックテンペストより有用に使えることもあると思う。


ちなみにタツジンのスキル。
当然ながら手数x会心率なので手数の多い武器ほど相性がいい。
片手剣、双剣、ボウガンあたりかな。
逆に大剣、ハンマーあたりはあんまり関係がないかも。
太刀、ランスはその中間。瞬間的に大量の攻撃を与えられるし
25%の攻撃力UPが半端じゃないために重要な要素になると思う。


あぁ、追記。上ではえらい面倒くさい式を使っていたけれど
基本的には
(基本攻撃力x10+基本攻撃力x0.25x会心率/100)/10
の式でその武器の基本平均攻撃力が出る。
前半はすっ飛ばしてもいいので
基本攻撃力+(基本攻撃力x0.25x会心率/100)を足せば
会心含む攻撃力がでるってわけだ。
面倒臭い話だけれど(笑)

これにゲージによる攻撃力補正、属性ダメージやマヒ毒、
ついでに相手の竜の肉質と絶対防御によるdmg軽減を
考えなければいけないので結構大変(笑)
まぁそんな面倒くさいこと考えなくても
「会心が高い方が(・∀・)イイ!!」でいいんだけど
↑それ言ったらこの記事の意味はまったく無くなるけど。


そんな感じ。

スポンサーサイト

| 初心者の館 | 02:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://gamelab.blog94.fc2.com/tb.php/40-1a00142f

TRACKBACK

TOPへPREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。